転職成功者に聞く!転職の心得

Just another WordPress site

専門職に転職したければ資格を取得しておく方が良いでしょう

2016年2月1日(月) 03:44

転職時にあった方がよい資格というのは、専門職を除くとそれほど多くないようですが、持っていると有利な資格という点では、なんといっても、国家資格が一番のようです。
なかでも、建築・土木系では建築士のようにいわゆる「業務独占資格」と呼ばれるその資格なしでは実務をすることができないという仕事も少なからずあるので、狙い目といえるでしょう。
転職するとなると、無資格よりも転職先が要求するスキルに近い資格を取得していた方が有利になる場合もあります。
しかし、最近では、要求されているのは資格よりも実績であって、資格を持っていない場合でも実務経験を積んでいる人の方が就職に有利な場合もあります。職を離れてから、特に何をすることもなく時間が過ぎていただけだったり、失業保険を受けとるだけで、別段、就職活動らしいことをしていなかった場合には、職のない期間が長ければ長いほど、転職の時に不利になります。できることなら、面接官が納得できるような理由を言えるようにしておくと良いです。違う業種に職業を転じるのは厳しいイメージが強いですが、事実はどうなのでしょうか?結論としては異業種への転職は大変です。
経験者と未経験者の2人を選別する場合、採用担当者は経験者を選ぶ可能性が大です。ただ、どう考えても無理だというわけではないので、尽力次第では転職がかなうこともあるでしょう。

Page Top

Copyright(c)転職成功者に聞く!転職の心得. All rights reserved.