転職成功者に聞く!転職の心得

Just another WordPress site

転職理由が年収アップのためという人も多いです

2016年2月23日(火) 14:29

年収アップのための転職希望者も多いことでしょう。
確かに、職場を変えることでお給料が増えることもあると思います。
ですが、逆に年収ダウンの可能性も否定できないことをしっかりと理解し、準備しておく必要があります。
年収アップを勝ち取るためには、いかに落ち着いて高報酬の仕事を探せるかが大事な点となります。
面接時の服装等には十二分に注意をしましょう清潔感を感じられる服装で面接に挑戦するのが大事なことですドキドキすると思いますがしっかりパターンを予測しておき本番を待ち受けることを考えて下さい面接で尋ねられることは決まっているものですから事前に予測回答をもっておくことが大切です職業を変えたいと思ったときに有利になれる資格といえば、社会保険労務士や公認会計士が良いとされます。これまでの仕事で積み重ねた経験を生かした転職を考えている方にも間違いなくお勧めしたい資格です。
社会保険労務士という資格を持っていると、総務や人事関係の仕事を得られやすくなりますし、公認会計士の資格があれば財務や経理関係の仕事を得られやすくなります。
どういった転職理由がベストかというと、まずは転職しようと思った本当の動機を考察してみてください。
そのままを相手に伝えるということではないため、考えたことをそのまま、ノートに書き出しましょう。
そして、それを前向きな印象になるように表現を変更してみてください。転職理由が長くなりすぎると自己弁護っぽく聞こえてしまうので、長さには注意しましょう。

転職理由で角が立たないものというのは?

2016年2月15日(月) 20:34

転職理由で当たり障りのないものは、スキル向上を図るためという理由が一番リスクが少なく、それだけでなく、相手の会社に悪いイメージを与える恐れの少ない理由になります。
スキルアップという理由ならば、無難なだけでなく、今後、さらなるスキルアップを目指しているというプラスイメージを人事側に持ってもらうことができます。
人材を紹介する会社を利用し転職できた人も多いです。転職活動を一人で行う場合、精神的な辛さがあります。転職先がないと、何をどうすべきかわからなくなることもあります。人材紹介会社を利用してみることで、自分の条件に合った求人情報を紹介してくれたり、有効なことを教えていただけるでしょう。
勤務する前から、ブラック企業だと判断できていれば、そんな会社に入社する人はいません。仕事を辞めたいと考えても、将来の生活のことを考えると、辞めるのを躊躇することもあるでしょう。とはいえ、健康あっての生活なので、健康を損なってしまう前に辞めてください。転職の履歴書に、前職の会社の名前や勤務年数のような工夫のない経歴を書くのみでは、採用試験を受ける企業の人事の人に今までしてきた仕事を知ってもらえません。
どんな部署で、どのような仕事をして、どういった成果を残したのかやスキルを身につけたなどの説明を足すことで、注目されやすくなります。

転職を決めてから仕事を慎重に探そうと思ったら時間がかかるでしょう

2016年2月8日(月) 12:30

転職を思い立ってから、仕事をじっくり探すには、それだけ時間が掛かってしまうものです。
今の仕事を続けながら次の仕事を探す場合には、仕事探しのために割ける時間は多くは取ることはできないでしょう。
そこで、ぜひ活用したいのが転職情報を集めたサイトです。
転職サイトへ登録することにより、登録会員と一緒にキャリアコンサルタントと呼ばれるサポートスタッフも一緒に協力して転職先を考え、探してくれるでしょう。転職した場合にお祝い金がもらえる転職サービスもあるにはあるのですが、お祝い金を受け取れたとしても、一度に受け取れるわけではなく、一年十二回の分割で振込みがある場合が多くて、転職費用の足しになるというものではありません。お祝い金制度を設けていない転職サービスの方が、質の良い求人情報を持っていたり、面接にも通りやすいといったこともあるでしょう。
35歳転職限界説を聞いたことはありますよね。
この説は35歳以上になると転職できなくなるというものです。まだこのような噂がありますが、実際のところ、この説は本当なのでしょうか?結論としては、35歳転職限界説は現在では有効ではなくなっています。今ではどの会社も生き残るために一生懸命ですから、年齢だけで不採用にしている場合ではないのでしょう。
通常、転職する時、有利とされている資格の一つに中小企業診断士をあげることができます。中小企業診断士の資格を取得することで、経営に関する知識を証明することができるので、その会社にとって貴重な存在であると思ってもらうことができます。法律に関する知識が豊富な行政書士やお金関する様々な情報を持つファイナンシャルプランナーも、転職の大きな味方となるでしょう。

Page Top

Copyright(c)転職成功者に聞く!転職の心得. All rights reserved.