転職成功者に聞く!転職の心得

Just another WordPress site

転職活動は在職期間中からし始めて転職先が決定してから辞めましょう

2016年3月25日(金) 11:56

転職活動は在職期間中から行い、転職する先が決まってから辞めるという形が理想です。
仕事を辞めてからの方が自由な時間が増えますし、即座に働き始められますが、転職先がすぐには決まらない可能性もあります。
無職の期間が半年を超えてくると就職する先が見つかりにくくなりますから勢いで今の職を退職しないようにしましょう。
中小企業は色々な経営上の課題を持っているので、中小企業診断士の資格があれば、転職する場合にも役に立つことは間違いないといえます。中小企業診断士という資格は、中小企業が有している問題を診断、解決したり、経営に関してアドバイスする専門家ですから、経営コンサルタントに類似した役割だと考えて間違いありません。35歳転職限界説を聞いたことはありますよね。この説は、35歳を超えると転職が不可能となるという説です。
いまだにこのような説が吹聴されていますが、本当にこの説は正しいのでしょうか?実のところは、35歳転職限界説は今現在、有効ではありません。現在はどの企業も生き残るために懸命の努力を行っていますから、年齢で選んでいてよい状況ではないのでしょう。転職時にあった方がよい資格というのは、専門職以外はあまり多くないようですが、持っていると有利な資格という点では、国家資格が最も使える資格のようです。特に、建築・土木系の中には建築士などがよい例ですが、「業務独占資格」と言われるその資格を取得しておかないと実務につけないという仕事がたくさんあるので、狙ってみる価値はありそうです。

ジャンルが違う業種に転職するのは並大抵じゃないイメージがあります

2016年3月18日(金) 18:23

違う業種に職業を転じるのは難解なイメージが強いですが、現実はどうなのでしょうか?結論として導かれるのは異業種への転職は難しいです。
経験者と未経験者の2人を選別する場合、採用担当者は経験者を選ぶことが多いです。
ただ、絶対に不可能だというわけではないので、努力によっては転職がかなうこともあるでしょう。職を変わったわけは書類選考や面接時にとても重視されます。相手に心から共感してもらえる正当な原因がなければこの人はだめだな、という印象を持たれてしまいます。ですが、職を変わった理由を聞かれても簡潔明瞭に説明できない人も決して少数派ではないはずです。ほぼ全員と言っていい数の人が経歴を記す文書内や面と向かって質問された際にこの職を辞めたわけで一苦労します。
職に就いてない期間が長いと、転職しにくいか否かは、職に就いていない間に、何をしていたかにより、違ってきます。
職業訓練校に行って資格を取ることができていたり、スキルアップにつながることをとっていたなら、面接の際に説明することによりかえってプラスのイメージを与えられるかもしれません。

働いた経験が就職活動において大変有利になると思われます。
人事部を担当していた際に面接で思ったことは、バイト経験を持つ人の方が受け答えがハキハキして、好印象ということです。
社会経験があるかないかの差はこういう場所においても出るのではないかと痛感しました。

好印象の転職の理由ってどんなの?

2016年3月2日(水) 17:43

良い転職の理由としては、はじめに、勤め先を変えようとする本当の理由を、検討してください。直接告げるという訳でもないため、率直に、書きだしてみましょう。否定的な印象とならないよう、次にそれを表現の方法を変化させます。
あまり長い転職理由では言い訳だと誤解されかねないので、長さには注意してください。
労働時間の長さが原因で辞めた時は「より効率の良い仕事の仕方を重視したい」、辞めた理由が仕事にやりがいを感じないという場合は「新しい環境で自分を高めたい」といいかえれば問題はないでしょう。
たとえ転職理由がネガティブなものも言い方によっては、肯定的なものになります。
履歴書の書き方は、150文字から200文字で書くのが理想です。
転職しようとする際に、求められる資格は、専門の仕事以外だと、そこまで多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができるということでは、やっぱり、国家資格が強いでしょう。特に、建築や土木関係では、「業務独占資格」の建築士などに代表される、該当の資格を有していないと実際に仕事につけないといった仕事がかなりあるため、狙い目と言えるかもしれません。
日々、仕事をする中で、ストレス解消を心がけることが一番のポイントになります理想的な条件の仕事である場合でもストレスが溜まると長期間続ける事が出来ません。
ストレスを解消する方法をみつけておくようにすることが不可欠です。

Page Top

Copyright(c)転職成功者に聞く!転職の心得. All rights reserved.